owarikomaki


自動車ナンバープレートの尾張小牧ナンバー。

小牧市に生まれ育ったならば、馴染み深いナンバーだと思います。

小牧の名前も入っており、小牧市のナンバーだという認識をされている方も多いと思います。


ですが、疑問を感じたことがありませんか?

以前は、一宮市と春日井市も尾張小牧ナンバーを付けていました。

なぜ小牧市よりも規模の大きい自治体が、長年に渡って尾張小牧ナンバーを付けていたのか?

また、なぜ「小牧」ではなくて「尾張小牧」なのか?

市名の前に地域名が付いてるなんて変じゃないか?

そんな疑問多き、尾張小牧ナンバーについて解説していきます。




尾張小牧ナンバーは1979年に誕生


尾張小牧ナンバーの登録が始まったのは1979年。結構古いです。

現在、都道府県において全国最多の8種類のナンバーが存在する愛知県の3番目のナンバーとして誕生しました。

愛知県は車社会で登録台数が全国トップ。名古屋ナンバーが足りなくなったことで尾張小牧ナンバーに分割したという流れです。


尾張小牧ナンバーの管轄範囲は広い


尾張小牧ナンバーを付けるのは小牧市だけではありません。

小牧市、犬山市、江南市、瀬戸市、尾張旭市、稲沢市、岩倉市、北名古屋市、清須市、大口町、扶桑町、豊山町。

さらに、2006年までは一宮市、2014年までは春日井市も含まれていました。


尾張小牧ナンバーが誕生した理由


名古屋ナンバーが足りなくなった時に、小牧市に自動車検査登録事務所を設置するということになり、”小牧”ナンバーが誕生する流れになりました。

しかし、小牧市よりも人口規模の大きい一宮市、春日井市がこれに反対します。

「なぜ、規模で勝る自治体の自分たちが小牧の名に甘んじなければいけないのか」ということだったのでしょう。

中でも一宮市は猛反対で、名古屋を除けば我々が尾張の代表という自負があったそうです。

そこで”尾張”というナンバーにしようと提案したきたわけです。

その当時、愛知県のナンバーは2種類。尾張地域が名古屋ナンバー、三河地域が三河ナンバーでした。

確かに、尾張ナンバーなら、三河ナンバーとのバランスも良いです。

しかし、小牧市は「それでは小牧市に自動車検査登録事務所を設置する意味がない」と尾張ナンバー案に反対。

互いに譲らない平行線を辿る中、当時の愛知県知事が仲裁に入り、双方の希望を両取りして”尾張小牧”ナンバーとしたのです。

つまり、尾張小牧というのは、尾張地域の小牧市という意味にしたかったわけではなく、小牧ナンバーを嫌がって反対した他の自治体に考慮した結果の”尾張小牧”なのです。

尾張一宮駅がある、一宮市に最も配慮した結果と考えていいでしょう。

2006年にご当地ナンバー制度が始まると、一宮市は早々に一宮ナンバーを申請し、尾張小牧ナンバーから離脱。

2014年には春日井市もご当地ナンバーの春日井ナンバーを開始し、尾張小牧ナンバーから離脱しました。


尾張小牧ナンバーは割と全国で有名


これには理由があり、尾張小牧ナンバーは長らく全国唯一の4文字ナンバーでした。(2020年5月11日から伊勢志摩ナンバーが交付開始)

レア感があり、全国で尾張小牧ナンバーを見つけると、「何だ、あのナンバーは!?」という感じで物珍しがられていました。

また、尾張小牧ナンバーは管轄範囲が広く、登録台数が政令市並みにあるというのも理由の1つでしょう。

愛知県は運送業が盛んであり、全国各地で尾張小牧ナンバーのトラックを見かけるということもあるようです。

ただ、尾張小牧ナンバーがどこのナンバーか分からないという人も多いそうです。

また、北海道に苫小牧市(とまこまいし)という市があり、さらに北海道には「張」がつく地名が多いため、北海道のナンバーだと勘違いする人もいるそうです。笑


まとめ


私は小牧生まれ小牧育ちなので、尾張小牧ナンバーは非常に馴染み深く、尾張が付いているのも特に気にしていませんでした。

しかし、後々調べてみて、色んなことがあったうえでの尾張小牧ナンバーだという事実に驚きです。

今年から、全国唯一の4文字ナンバーではなくなりますが、相変わらず市名の前に地域名(旧国名)が付くのは尾張小牧ナンバーのみです。

伊勢志摩ナンバーは「伊勢」「志摩」どちらも旧国名ではありますが、伊勢市と志摩市、どちらも市名でもあるので。

尾張小牧ナンバーを嫌がる人も多いですが、私は生粋の小牧人として尾張小牧ナンバーが大好きです。