中部大学のすぐ近くでリニア中央新幹線のトンネル工事が行われていました。

令和8年3月15日までとなっています。まだ4年以上ありますね。 rinia


こんな装置も。
DSC_5939-01

現場は白い壁に覆われていて、基本的に外からは見えないようになっていました。

外からも高いクレーンが入っているのが見えます。
DSC_5935-01

さすがにリニアのトンネル工事というだけあって、大規模工事です。

一応、なんとか現場の様子が撮れた写真がこちら。
DSC_5940-01-01

かなりの車が入っていて、いろんな会社や多くの人が関わっているようです。

ずーっと前から言われてきたリニアがいよいよ本格的に動き出している実感が湧きますね。


東海道新幹線とはルートが違い、リニア中央新幹線は春日井市を通るんですよね。
岐阜県駅が設置される中津川市方面から瀬戸、春日井を通って名古屋へ向かうというルートです。

すでに路線図も公式サイトに掲載されています。


これを見る限り、揉めていた静岡県はほんとにリニア通らないんですね...。


リニア中央新幹線ができても、これまでの新幹線も活躍しつづけそうです。
東海道新幹線のトンネル割合は17%なのに対して、リニア中央新幹線のトンネル割合はなんと86%。

景色感覚的には地下鉄みたいなイメージでしょうか。
景色を見ながら、とかはリニアではほぼ不可能ということで、本当に超短時間で移動する必要がある方がメインで利用することになりそうですね。

最短でも開業は2037年になるということで、まだ16年ほどあります。
リニア開業後の世の中がどんな感じになるのか、気になりますし楽しみです♪

◆関連リンク