現在、2006年に廃止となったピーチライナーの線路の撤去が行われていますが、その途中段階の写真が撮れました。
なかなか良い感じに撮れる場所がなかったのですが、なんとか撮れました。笑


ちなみに、すでに桃花台ニュータウンの中には部分的に線路そのものが無くなっている所もあります。


今回撮った写真がこちら。

ピーチライナーの線路の撤去工事

撮影したのは上末と桃ヶ丘の境目くらいの場所です。
ちょうど、一部のコンクリートが綺麗に無くなっている状態です。


こうやって徐々に解体していくわけですが、数年前から凄く時間をかけて行われているので、ピーチライナーの線路の撤去が完全に終了するのは随分先になるはずです。


大げさじゃなく、今の若い子や子供達がそれなりの年齢になる頃まで解体作業が続くと思われます。


ピーチライナーの線路が完全に撤去されたら、小牧の風景が結構変わりそうですね。特に国道155号線辺りは。


ピーチライナーを利用してきた身としては、やっぱり寂しい感じがするのが正直なところです。


ピーチライナーについて、あまり知らない方はコチラの記事をご覧ください。