こんなニュースを発見



小牧市出身で沖縄育ちの福森琉生(りゅうき)さんが中日ドラゴンズ打撃投手として採用されたようです。

福森琉生さんは20歳で、秀岳館高校(熊本県)から沖縄国際大学に進学。

高校時代はファーストを務め、大学時代はキャッチャー。



大学を中退して沖縄で就職を考え、それまでの期間はアルバイトをしようと中日ドラゴンズの沖縄キャンプのアルバイトで打撃練習のキャッチャーを務める。

途中、和田一浩コーチとキャッチボール。

和田一浩コーチ「いいねえ、バッティングピッチャーをやってみたら?」

個別打撃練習からバッティングピッチャーを務める。

立浪監督「3球連続で俺にストライクを投げろ。それができたら採用する」

見事合格
といった流れで採用されたようです。凄い。。



1000021604-02
今後は中日ドラゴンズ125番として、プロ相手に何万球と投じることになるとのこと。

いつどこにチャンスが転がっているか分からないことを証明するかのような出来事ですね。



↓福森琉生さんのInstagram



◆関連リンク